読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デマこい!

「デマこいてんじゃねえ!」というブログの移転先です。管理人Rootportのらくがき帳。

「すごさ」は自称するもんじゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr


最近、「日本って実はすごい!」みたいな話をよく目にする。
私自身、ブログにそういう記事を書いて、とても好評だった。
しかし、こういう“日本大好き”な雰囲気が盛り上がるたびに、日本は衰退しているんだなぁって思う。どんどん力を失っていて、みんなが自信を持てなくなっているからこそ、すごさを確認したくなるのだ。



日本がすごいからって、あなたがすごいわけじゃない。
日本人が金メダルを取ったのは、あなたの努力ではない。
日本の町工場がロケットを飛ばしたとしても、あなたが町工場で働いているわけじゃない。



自分のアイデンティティを自分以外のものに仮託するのは、もうやめようよ。それは消費の時代のメンタリティなんだよ。たとえばTM NETWORKはすごいかもしれないが、そのすごさを理解できるからといってあなたがすごいわけではない。自分に「すごい」と誇れるものが足りないからこそ、偶像を崇拝するんだよ。
自分のアイデンティティぐらい、自分自身で掴もうよ。
日本のすごさに陶酔する前に、凡庸な自分を直視しようよ。
あなたはすごいの?
あなたは何ができるの?
何のために生まれて何をして生きるの?
答えられないまま終わるなんて嫌だろ。
だったら、お前の信じるお前を信じろ。



自分を愛せない人の語る「愛国心」は、ひたすら空虚だ。自尊心と履き違えているだけで、そんなものは愛国心とは呼べない。自分を愛し、家族を愛し、隣人を愛し、郷土を愛し、人類を愛し、地球を愛し、それから国を愛せ。






あわせて読みたい


なぜ日本は「すごい」のか/ナショナリズムの起源と民族意識の誕生
http://d.hatena.ne.jp/Rootport/20120824/1345816799







※大体、日本ってヨーロッパの3〜4カ国ぶんぐらいの人口と面積を持っていて、民族的にも文化的にも多様性に満ちている。にもかかわらず「日本すごい」って言うのは、けっこう苦しい。無理してんじゃないの?って感じがする。あなたの知っている「日本」が、日本のすべてではない。あなたは日本の何を知っているの?って思う。「東京すごい」「大阪すごい」みたいな、都市・地域ごとの郷土愛ならまだ分かるけど。