読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デマこい!

「デマこいてんじゃねえ!」というブログの移転先です。管理人Rootportのらくがき帳。

3つの「コミュ力」

冗語
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr



企業が新卒社員に「コミュニケーション能力」を求めるようになって久しい。ネット上を見回してみると、「コミュ力」を身に着けるためのTipsが次々に蓄積されている。いまの私たちを取り巻く社会は、「コミュ力」がなければ生きていけない社会だ。


なぜ彼女がモテないのか分かってしまった
http://d.hatena.ne.jp/fahrenheitize/20121120/1353420045




しかし、人間関係だけでは何も生まれない。たとえばコンビニの前でダベるのは楽しいが、社会的には無価値だ。一人ひとりが手を動かして初めて、なにかの価値を創出できる。



私は、ほんとうの「コミュ力」とは3つの“Comm”の総合力だと考えている。


つまり、Communication、 Community、Commerceだ。



Communicationの力とは、知らない人間と意志疎通をする力だ。ルールや常識の通じない相手とも会話できる力だ。先述のリンクの書き手はこの能力が足りないような気がするし、登場する「モテない子」は生活圏を変えたほうが居心地がよくなると思う。
Communityの力は、どれだけの「仲間」を持っているか、という力だ。仕事を手に入れるのも人脈、仕事が無いときに土下座して助けてもらうのも人脈。土台となる人間関係の部分だ。湯浅誠さんの言う“溜め”にも関係してくる。
Commerceの力は、カネを生み出す力だ。商業的な価値のある生産物をアウトプットする力、商業的価値のある取引をアレンジする力。前述2つの「コミュ力」を持っていても、この力が弱 い人は多い。というか、前述2つだけが「コミュ力」だと思われがちだ。




コミュ力がないと生きていけない時代」だと、よく耳にする。私も異論はない。
しかし、「コミュ力」には3つの側面 があって、その総合力が生存可能性を左右する。コミュ力の時代は、ただの“リア充”の時代ってわけじゃない。口先だけでは生きていけない。いちばん大切なのはCommerceなのだ。









※参考


8年連続で新卒採用時に重視する要素、第1位に! 企業が求める真の「コミュニケーション能力」とは‐ダイアモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/14267
※2011年10月の記事