デマこい!

「デマこいてんじゃねえ!」というブログの移転先です。管理人Rootportのらくがき帳。

17.3%

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Tumblr

《17.3%》2006/07/12



 今日の生物学科の実習で、体脂肪率を計りました。

 男女別で計ったのですが、

 ほかの誰よりも体脂肪率が高くて、

 
 男として危機感を覚えた。



 ぷよぷよのお腹でごめんなさい、るーとぽーとです。こんにちわ。



 === === === === ===



 今日の午後、スターバックス・コーヒーで聞いた会話。


「ねぇ知ってる? あやこのカレシが浮気してたんだってさー」

「えー、まじでー」

「そうそう、しかも3マタだったらしい」

「うわー、サイテー」


 盗み聞きしようとしていたわけではないが、

 キャンキャン系の女の子たちが大声でしゃべっていたので聞こえてきてしまった。




 たしかに浮気する男は、最低のように思える。

「浮気は文化だ」

 なんて、とんでもない勘違いだ。




 だが、彼女たちは重要な点を見落としている。



 浮気を(しかも3マタ)できるという時点で、

 その男は相当にモテるのだ。

 つまり男としては、かなりランクが上のほうだということ。



 確かに世の中には、奇跡的にカッコいい男がいる。

 すごいイケメンで女の子から引く手あまたなのに、

 彼女一人を愛して浮気なんてしない、

 そういう天然記念物みたいな男がいる。

 男としては最高ランクだろう。



 引く手あまたであるがゆえに、

 欲望に負けてしまう男が浮気をするのだ。


 浮気をするにはまず、引く手あまたである必要がある。



 以上をまとめると、


 浮気しない男>浮気する男>浮気できない


 という図式が現れる。





 浮気する男を「サイテー」と切り捨てるのは、

 よりランクが上の男たちを見ているからだ。



 時には、下を見てほしい。


「最も低い」と書いて最低だが、浮気する男のランクは決して低くない。


 もっと下を見たほうが、精神的に安定できるはずだ。




 世の中には、上記のランクに当てはまらない男がいる。










 たとえば、俺とか。

 思いっきり、ランク外です。

 とりあえずぷよぷよのお腹を何とかしようと思う。