読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デマこい!

「デマこいてんじゃねえ!」というブログの移転先です。管理人Rootportのらくがき帳。

作り置きしたい基本のトマトソース

料理
 

 

 

 あまり知られていないことですが、この「デマこい!」はお料理ブログです。

 ところが私はずぼらです。

 できるだけ短時間で、できるだけ美味しいものを食べたい。

 作り置きができるおかずやソースは心強い味方です。

 

 

f:id:Rootport:20170311211308j:plain

 

 というわけで、基本のトマトソースを作りました。

 

【材料】
・トマト缶づめ1個
・トマト1個
・にんにくひとかけ
・玉ねぎ半個

 

【作り方】
 ニンニクと玉ねぎをじっくり炒めて、トマトをじっくり炒めて、缶づめを投入して軽く煮詰めます。

 

 このトマトソースは、冷凍保存ができます。使うぶんずつ、小ぶりのタッパーに入れて凍らせましょう。空気に触れないよう、表面にサランラップを載せておくと霜防止になります。

 解凍するときはレンチンか、面倒くさければ凍ったまま鍋にインしても大丈夫です。(ただし焦がさないように注意)

 

 

f:id:Rootport:20170311211638j:plain

 

 このトマトソースを使って、さっそくアラビアータを作りました。

 トマトソースに足すものを変えれば、色々なイタリアンのメニューになります。

 

【基本のトマトソースの使い方】

+唐辛子 → アラビアータ

+魚介類 → ペスカトーレ

二枚貝ボンゴレ・ロッソ

+挽肉と野菜のみじん切り → ボロネーゼ

+アンチョビ、ケッパー、ブラックオリーブプッタネスカ

+厚切りベーコン → アマトリチャーナ

 

 もちろん、これは超ざっくりした説明です。塩コショウ、バジルやワイン、チーズなどをうまく使って味を調えてください。本格的なイタリアンにならなくても、自分の舌に合えばいいと思います。

 

 

f:id:Rootport:20170317200102j:plain

  アジとほうれん草のトマトソーススパゲティです。

【作り方】

(1)オリーブ油を熱してニンニクを炒める。少量の鷹の爪を入れてもよい。
(2)アジのフィレを皮側から焼く。
(3)アジに8割がた火が通ったら、固めに下茹でしたほうれん草を投入。
(4)スパゲティのゆで汁をレードル1杯加え、同量のトマトソースを加える。
(5)バジルと塩コショウで味を調えて煮詰める。
(6)茹でたスパゲティと絡めて完成。

※ほうれん草のような葉っぱ系は、固めに下茹でして冷凍保存しておくと便利です。

※いつでも使えるよう、青魚のフィレも私は冷凍保存しています。

※青魚とトマトソースは相性がいいので、ぜひ試してください。バジルを加えて魚の臭みを抑えるのがポイント。

 

f:id:Rootport:20170317200624j:plain

 サーモンのトマトクリームソーススパゲティです。

【作り方】

 上記のアジのスパゲティの魚を鮭に変更。
 レードル1杯のゆで汁を減らして、代わりに生クリームを加えます。
 この写真では、切り取った皮をグリルでカリカリに焼いて、後載せしています。
 なんかもう美味しいもの全部盛りって感じの味です。